ハンドメイドの炭酸パック

炭酸パックの使用法

炭酸パックはエステサロンで採用されている施術法であるため、自宅でやるとしたら、手間がかかるのではないかと思う方もいらっしゃるようです。
市販の炭酸パックは、どなたでも簡単に使用できるようになっているので、安心して試してください。
ここでは、炭酸パックの一般的な使用方法を紹介します。

 

炭酸パックの有効成分の浸透率を高めるために、洗顔をし、肌を清潔にします。
炭酸は温度が低い方が発砲しやすくなるため、化粧水をつけたり、水で濡らしたタオルで肌を冷やしておくことをおすすめします。

 

付属のスパチュラというスティック状のもので、A剤とB剤を混ぜて、発砲させます。
その後、顔全体にパックを塗り、20分〜30分ほど放置します。

 

決められた時間放置したら、タオルやスパチュラを使ってパックを取り除き、その後、しっかりと洗顔します。
スパチュラで除去しない状態で、いきなりパックを洗い流そうとしても、きれいに落とすことは難しいため、先にパックを取り除いたうえで、洗顔するとよいでしょう。

 

炭酸パックを流した後は、肌が乾燥しやすくなるため、いつものスキンケアを行い、肌を十分に保湿します。

 

パック後は、肌にツヤとハリが出てきていることが実感できると思います。
また、顔色も明るくなり、肌の変化に驚かれることと思います。
炭酸パックは通常のパックとは違い、30分でも肌の変化が実感できるという即効性が実現できます。

メニュー

最新記事