ハンドメイドの炭酸パック

炭酸パックを行うタイミングについて

炭酸パックはどのぐらいの頻度で使用すればよいのでしょうか。
使い始めの時期は、1日1回、または2日〜3日に1回の割合で集中ケアをして、あとは大事なイベントの前の日などに行うという方が多いようです。

 

特に、真夏の日差しが強い時期に使用する方が多いようです。
炭酸パックは肌のターンオーバーを正常化させるため、シミの原因であるメラニン色素をスムーズに除去していきます。
日焼け直後に1度だけ使用したからといって、紫外線の悪影響を完全になくすことはできませんが、何のケアをしないよりは、断然肌への効果も違ってきます。
紫外線による悪影響は夏に受けやすいと思われがちですが、紫外線の害が蓄積されると秋になってから肌にあらわれますので、秋になってからも炭酸パックでケアするとよいでしょう。

 

また、仕事で疲れたた時に炭酸パックを行うと、気分がスッキリするという方も多いようです。炭酸パックを行ってから、お風呂で温まり、睡眠をしっかりとれば、心身の疲れも取り除くことができます。
炭酸パックは塗布後20分〜30分の放置が必要ですが、湯船に浸かって炭酸パックが浸み込むのを待っている間、リラックスすることができます。
パックを流した後に、肌がツルツルになると、気分も良くなるのではないでしょうか。

 

さらに、炭酸パックを出張先にも持って行くという方もいます。
スパチュラなどが全てセットになっているパックは、荷物になりませんので、出張先にもぜひ持って行き、ケアをするとよいでしょう。

メニュー

最新記事